2020年03月30日

ただのカルタとりではありませんょ~

20 カルタとり①.jpg

教室の机( 120㎝×80㎝ ) の隅から隅までに広げられたカルタ。
「 先生が読み聞かせで読んでくれる、ばばばぁちゃのカルタだぁ 」 と。
興味をもってくれて、導入としては上々です。

20 カルタ取り②.jpg

今の季節を感じられるカルタも多くありました。
教材準備も四季を大切にする目的にも即しています。


20 カルタ取り③.jpg

この絵札をとった瞬間。
「 せんべいをそーっと食べても見つかってしまうのは。パリパリ音がするからだよー 」と。
文字だけで探していたと思いきや。見つかる理由も想像した読み札探しも進めていたんですね。
いいですねー とても いい脳の働きです。


20 カルタ取り④.jpg

このまま終わったのでは、
ご家庭でもするカルタとりとなんらかわりません。
ここで負荷をかけての授業となるんです。
それは、絵本のページをサラサラ読むように、
二枚の読み札を一息に読むんです。
やってみてわかります。
お子さんのタイプは、
前出記憶を鍛えているのか。後出記憶を覚えやすいのか。
この授業目的は二枚とも記憶しつつ、絵札を探せること。

入学してからは、一度に2つや3つの声掛けがかかります。
そんな時に、聞き洩らさない学びをしているわけです。

生徒さんは、見事やりきって満面の笑顔でした。達成感の顔です。
そして、
「 先生より厚みがあるから、僕の勝ちだね。 」 と。

厚い薄いの言葉の学びも、しっかり積み重ねができています。
posted by ASUNARO 先生 at 03:10| 岡山 ☁| Comment(0) | 授業の様子 教材の使い方 | 更新情報をチェックする