2016年02月19日

雨水 

2017 白梅.jpg

明日の予報では、強い風をともなった雨になるそうだ。
香りでも咲く姿でも、心を優しく包んでくれる、梅。
たとえ雨がふろうと、風がふこうとも散らない、梅。

あなたには、
自分を励まし後押しをしてくれる『 原点 』はありますか?
原点の原とは、がけから泉が湧く様子を表した字だそうです。
サンズイをつければ、『 源みなもと 』という字になります。
ことの始まりには、それを辿ってゆけば源があります。

心の瓶がいっぱいになれば、当然あふれ出します。
頑張っているのに、なぜ、こんな目にあうの?
疑問がわきだし、心は激しくゆれます。
そのような時には、原点に立ち返れば、
流れ放題だった瓶の水もあふれることをやめます。
また、新しい瓶に、清流のひとしずくをためていくのです。

『 雨水( うすい ) 』
今日は、二十四節気のひとつ 『 雨水 』です。
田畑や泉の氷も山の上の雪も解け始め、水のぬるむ時期です。

何歳であろうとも、原点をもっている人は強いです。
勝たなくてもいいのです。負けなければいいのです、自分に。
我が人生の上で、清流に満たされた瓶をいくつ持てるかは、
あなたしだいなのですよ。

はい、わたしも原点に戻り、氷った水を解かし
今夜から、また、新しい瓶に清流を満たしていきます。
決意と歓喜の涙と共に。



posted by ASUNARO 先生 at 21:46| 岡山 ☁ | TrackBack(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

心の目・見えない努力

28 冬の木々.jpg

暖冬かと思いきや、週末から来週にかけて
爆弾低気圧に覆われるそうです。
明日、明後日はセンター試験があります。
我が子の時のことを思い出すと。
一日目は、雪がふり積もりました。二日目もです。
受験生の皆さんが、天候に左右されず
時間内に試験会場へと到着されるようにと願ってしまいます。

受験生の皆さんは、こういう天候に困らされたり、
朝の体調が悪くて、ご飯を食べてこられなかったり、
下見はしたはずなのに、当日の会場がどこかわからず
試験会場に着くと、自分の番号のところへ既に誰かがすわっている・・・
スタッフに尋ねると・・建物の階を見間違えていて
スタッフと一緒に走って、5分前に会場いりしたり。
思いがけない、想定外の事も起こりえます。

こんな時に、慌てたり緊張が増したり、頭の中が真っ白になったり。
それでも、自身の心のありようを自分でしっかりとコントロールできる、
そんな生徒さんであってほしいです。
試験当日までに、目には見えないけれど、
『 努力 』 という力を積み重ねました。
その努力のすべてが報われ、
その結果が目の前に現れるともかぎりません。
周りにいる人々のあなたへむけての努力も、
意識をしてなくては見えないものです。

あなたの陰で支えてくれる無数の努力。
それを見通せる、感謝できる 『 心の目 』 を
磨き重ねながら、感謝の言葉で接することのできる、
あなたで いてほしいと思っています。



posted by ASUNARO 先生 at 16:32| 岡山 ☀ | TrackBack(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

雨水にて硯をする。

27 ハラン.jpg

昨夜からの雨が、庭の木々や山野草たちの汚れを
綺麗に流れ落とし、キラキラと輝いて見えます。

父の使っていた硯箱を見つけました。
勤続の節目にいただいたものらしい。
主のいない硯に、ハランの雨を使い
墨をすりました。
半紙も丁度あり、さて、何を書こうと手が止まった。
しばし考え。
父の書いていた同じ文字を書くことにしました。
それは、
『 洗心 』 です。
書道の段は持っていますが、
久しぶりの筆使いには戸惑いました。

それでも、何とか無理矢理納得した半紙を一枚選びました。
文字通り朝露に洗われる、一日のスタートでした。

明日から、授業開始! 
心新たに、また、新しく学んだ伝える技術も発揮して、
一日目を頑張ります!

明日は、自立訓練法(  AT ) について書きたいと思っています。

posted by ASUNARO 先生 at 17:21| 岡山 ☔ | TrackBack(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

右手でつかむ空

25 青空をつかむ.jpg

お空を見上げてみたら、
まぶしい青いお空は銀色の四角形に囲まれていた。
そこで、わたしの右手を伸ばしてみた。
わたしの手のひらで、すべてすっぽりつかまえることができた。
わたしの右手でつかんだ青空。
手のひらの中は、すこしひんやりとして気持ちいい。

今度は、10本の指で丸い双眼鏡を作ってみた。
両手で作ったその指を、目にあてて青いお空を眺めたら、
空は〇〇になってしまった。
秋風がさらさら、さらさらと歌っている日のことだった。












posted by ASUNARO 先生 at 09:52| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

力は声なり 声は言葉なり

HABA社のモザイク・アートパズルです。
彩色の取り合わせ美しい、立方体キューブです。
無心になって模様を作り出す、
こういうパズルもわたしは大好きです。

25  声は言葉なり.jpg

「 生命は力なり。力は声なり。声は言葉なり。新しき言葉はすなはち新しき生涯なり。 」 
藤村詩集序文の有名な一節です。

授業とは、声を言葉にかえ、瞬間瞬間の大切な時間を積み重ねる生きていることの一部です。
生徒さんの縁にふれ、揺れ動く心にどうよりそうか。
生徒さんお一人お一人を見る目を、自分の枠にとらわれすぎては、
無限の可能性を開花させることはできないと思っています。
なぜなら、未来の宝に秘められた 『 力 』 は、
大人の常識や経験だけでは計り知れないものだと思うからです。
生徒さんの声に耳をかたむけ、その気持ちを心を大切に育み、
自身で考え解決していく力を広げる授業をしていきたい。
その思いを言葉にして伝えながら、生徒さん達の創造力をさらに伸ばす授業をしたい。

『 あすなろキッズらしい 』 中心軸はぶれず動かず保ち続け、
日々自身の慢心を打ち破り、真心で生徒さんと向き合い、
常に新しい自分自身もつくっていきたいと思っています。

だから、生徒さんと同じように、わたしもパズルをします。
生徒さんに伝わる言葉が発せられるように、
心に響く声で語りかけられるように。

さあ! 今日も一日スタートします!




posted by ASUNARO 先生 at 08:46| 岡山 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | 更新情報をチェックする