"本の紹介"の記事一覧

『 声に出して読みたい日本語 』

さぁーーー 24時間 あすなろ先生は 左手一本で何をしているんだろぅ? 授業に関する専門書等を読む または 録画していたものを見る 家の中で ほとんどの時間を一人ですごすので 恥ずかしくない=ひとりカラオケの時も 動画を見つつ 最新ヒット曲や個人的に好きな歌手の曲  そして 若かれし頃の思い出の曲を歌う事もあります …

続きを読むread more

手は楽器、手は話す、手は読む、手はすばらしい!

「 てとてとてとて 」 作 浜田桂子 主な作品・・「 あやちゃんのうまれたひ 」「 ふみばあちゃんのほしがき 」 本文より抜粋 『 て てって すごいなぁ もしかしたら ては こころが   でたり はいったり するところ なのかもしれない 』 先日のクリスマス会で、楽器演奏をしてくれたドルチェさんがお話してく…

続きを読むread more

ことわざ絵本

◎作・絵 五味太郎   ◎発行所 岩崎書店 「 頭かくして尻かくさず 」 から始まり、 「 笑う門には福来る 」 までの計100個のことわざが、 五味太郎さんらしい挿絵と一緒に紹介されています。 ことわざを、五味さん流で解釈したならば、 『 言葉の技 』 がことわざなのだそうです。 言葉を技として使うために、昔の…

続きを読むread more

おおきな おおきな おいも

赤羽末吉 さく・え 1972年10月1日発行の41年間読み継がれてきた絵本です。 その他にも有名な「 スーホの白い馬 」 は、 小学2年生国語下巻に載っています。 これからもずーっと、読み聞かせてあげたい一冊です。 幼児の皆さんから、芋ほりに行ったよ、 芋ほり遠足に明日いくんだよと、会話の中にでていた遠足。 こ…

続きを読むread more