ペグアート展 Ⅳ

今日は、小学2年生さんと3年生さんの作品です。

25 ペグアート展 Ⅳ.jpg

『 あかい葉っぱ 』
わたしに、紅葉した楓の葉をお土産にもってきてくれました。
鮮やかな赤です。それを作りたかったのですが、
もみじのように刻まれた形を作ることができず、
やむなくこの葉の形になりました。
一枚として同じ葉がないと思われる、
微妙な色合いの違いを大小のペグで表現してくれました。

『 幸せを作るリンゴ 』
頭にパッと浮かんだのが、林檎だったそうです。
それも、虹色に輝く林檎なのだそうです。
でも、まだ、黄緑色の部分がありますね。
それは、これから作っていく幸せの部分なのだそうです。
シンプルな線画によって、現在進行形の色合いを
際立たせて見せてくれた作品ですね。

『 とっても難しい迷路 』
「 誰もゴールまでいったことのない迷路をつくりたい 」といって
始まったペグアートは。
一回目と二回目の授業後を使って作ってくれた作品です。
ペグの大小を上手に使って、太い路や細い路を作ってくれました。
始まりは紺色のペグを使いました。
なぜなら、迷路の中は暗いからだそうです。
すこしでも、黒に近いような濃い色を選んで、
それを表現してくれたのですね。
一枚の白い板一面を覆うほどのペグさしは、
集中力と持続力を要した大作品となりましたね。


ペグアート展は、まだまだ続きます^^/





この記事へのトラックバック