ペグアート展 Ⅲ

今日は、年長さんと小学生さんの作品です。

25 ペグアート展 partⅢ.jpg

『 ネコとみかん 』
色ぬりをするように、猫の輪郭にペグを差し込んで
完成させてくれました。
冬で連想されるのは、昔は!?こたつにみかんでした。
まさに、ソレですね。
頭に浮かんだものを形にしてくれたのだそうです。
作りたいものをイメージできること。
本当に大切な脳のはたらきです。素晴らしいです。

『 水色のバス 』
輪郭を色でつないだ線描画です。
「 先生、何色がスキ? 」 と尋ねてくれ、
水色だと答えると、水色を使ってくれました。
始めは自家用車だったのですが・・・。
「 なんだか形がおかしくなってきたから、バスにするね。」
と言いながら、運転席や降りるドアや後部座席の窓まで丁寧に作ってくれました。
本人のサイン入りです!カッコいい! 

『 花 』
何を作ろうかなと考えたら。
頭に浮かんだものが、文字だったのです。
色鮮やかなペグの明るさを十分に活かした漢字ですね。
いろとりどりの花が咲いて、文字を作っているかのようにみえます。
色合いと文字の形状が絶妙なバランスの素敵な一点となりました。

ペグアート展、まだまだ、続きます^^/ 



この記事へのトラックバック