ますます進む 『 読書の秋 』 !!

25 皮のブックカバー.jpg

革製のブックカバーです。
まるで、エメラルド色のステンドグラスのような光沢がある、
とても珍しいハンドメイド作品と出会いました。
昨日から、このブックカバーをつけた本を
食事の後にすこしずつ読むようになりました。
本のタイトルは、ジュール・ヴェルヌの 『 十五少年漂流記 』 です。
小学生以来読んでいなかった、とても懐かしい一冊です。
おもわず本が手に取りたくなる魔法をかけてしまう、そんな素敵なブックカバーです。