根をはり歩む

25 大木の下で.jpg

幹の太い堂々とした樹が見えます。
四季の風と光を浴びながら、
四方八方へと伸ばした枝の先に、
重なり合いながら、さわさわと、多くの葉をつけています。

地中では、根がどんどん深く遠くへ伸び進んでいます。
伸び進み続けてきたからこそ、
このような大樹になったのだろうと思います。