おおきな おおきな おいも

25 絵本 おおきなおいも.jpg

赤羽末吉 さく・え
1972年10月1日発行の41年間読み継がれてきた絵本です。
その他にも有名な「 スーホの白い馬 」 は、
小学2年生国語下巻に載っています。
これからもずーっと、読み聞かせてあげたい一冊です。

幼児の皆さんから、芋ほりに行ったよ、
芋ほり遠足に明日いくんだよと、会話の中にでていた遠足。
このお話のあおぞらようちえんでは、
芋ほり遠足の当日に雨が降り、延期になります。
そこで、あおぞらようちえんのみんなは、
こんなお芋をほりたいなぁという絵を描きます。
絵を見た先生はびっくり。
「 うわー おおきな おおきな おいも! 」
「 こーんな おおきな おいも 
どうやって ほりだすの? 」 と問いかけます。
それから、
あおぞらようちえんのみんなは どうしたでしょうか。

芋ほり遠足の前には、幼稚園やご家庭で
読み聞かせをしてもらっているかもしれませんね。
今年は豊作なのでしょうか。
どの銘柄のさつまいもを食べても、
どんな料理にしても、とっても美味しいですね。