ますます進む 『 読書の秋 』 !!

25 皮のブックカバー.jpg

革製のブックカバーです。
まるで、エメラルド色のステンドグラスのような光沢がある、
とても珍しいハンドメイド作品と出会いました。
昨日から、このブックカバーをつけた本を
食事の後にすこしずつ読むようになりました。
本のタイトルは、ジュール・ヴェルヌの 『 十五少年漂流記 』 です。
小学生以来読んでいなかった、とても懐かしい一冊です。
おもわず本が手に取りたくなる魔法をかけてしまう、そんな素敵なブックカバーです。










ことわざ絵本

25 ことわざ絵本.jpg

◎作・絵 五味太郎   ◎発行所 岩崎書店
「 頭かくして尻かくさず 」 から始まり、
「 笑う門には福来る 」 までの計100個のことわざが、
五味太郎さんらしい挿絵と一緒に紹介されています。

ことわざを、五味さん流で解釈したならば、
『 言葉の技 』 がことわざなのだそうです。
言葉を技として使うために、昔の人々によって
限りなく生みだされたことわざの数々に、
とても興味をもたれたのだそうです。
そして、昔の人のこの技を五味さん流に工夫をし、
作り直してみたのが、この絵本なのだそうです。

こんな、ことわざがありました。

「 蒔かぬ種は生えぬ 」 は、
蒔かない種が 芽を出すわけはない。
これ、 まったく あたりまえ。
ということはつまり、
思っているばかりでは 物事 なにもはじまらない。
ともかく スタートしなけりゃね、ということ。
「 ためない貯金は たまらない 」

言葉の技が、身近な例えで親しみやすいです。
聞いたことのあるアノことわざも載っているかもしれません。
『 ことわざ 』 を親子で楽しめる一冊です。



ヒレカツパン

25 コロッケパン.jpg

今朝は、ヒレカツパンが食べたい気分です。
朝食をガッツリ食べて、
エネルギッシュな一日をスタートしたいからです。
さぁ~勝つぞ~♪ がんばるぞ~♪ あきらめないぞ~♪





根をはり歩む

25 大木の下で.jpg

幹の太い堂々とした樹が見えます。
四季の風と光を浴びながら、
四方八方へと伸ばした枝の先に、
重なり合いながら、さわさわと、多くの葉をつけています。

地中では、根がどんどん深く遠くへ伸び進んでいます。
伸び進み続けてきたからこそ、
このような大樹になったのだろうと思います。









目線1mの豊かな彩り

25 紅葉縦長.jpg

頭上に広がる色とりどりの紅葉を眺めていた日。

押し葉用の葉っぱを探そうと、屈んだ時に見えた豊かな彩り。
紅緋色、真朱色、紅樺色、萱草色、鶸色、青丹色、千歳緑色・・・・。
陽のさしたところとそうではない部分には、色に濃淡がありました。

しばらく屈んだまま、その彩りを楽しみました。