2013年11月26日

ペグアート展 Ⅲ

今日は、年長さんと小学生さんの作品です。

25 ペグアート展 partⅢ.jpg

『 ネコとみかん 』
色ぬりをするように、猫の輪郭にペグを差し込んで
完成させてくれました。
冬で連想されるのは、昔は!?こたつにみかんでした。
まさに、ソレですね。
頭に浮かんだものを形にしてくれたのだそうです。
作りたいものをイメージできること。
本当に大切な脳のはたらきです。素晴らしいです。

『 水色のバス 』
輪郭を色でつないだ線描画です。
「 先生、何色がスキ? 」 と尋ねてくれ、
水色だと答えると、水色を使ってくれました。
始めは自家用車だったのですが・・・。
「 なんだか形がおかしくなってきたから、バスにするね。」
と言いながら、運転席や降りるドアや後部座席の窓まで丁寧に作ってくれました。
本人のサイン入りです!カッコいい! 

『 花 』
何を作ろうかなと考えたら。
頭に浮かんだものが、文字だったのです。
色鮮やかなペグの明るさを十分に活かした漢字ですね。
いろとりどりの花が咲いて、文字を作っているかのようにみえます。
色合いと文字の形状が絶妙なバランスの素敵な一点となりました。

ペグアート展、まだまだ、続きます^^/ 


posted by ASUNARO 先生 at 04:20| 岡山 ☀ | TrackBack(0) | 幼児コース教材 | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

ヘグアート展 Ⅱ

ペグアート展 Ⅱです。
今回は、大学生さん達の作品紹介です。

25 ペグアート展 partⅡ.jpg

これらの作品は、『 何か意味のあるものを作り、タイトルをつけてください 』 
『 何を作ったのか、表現しようと思った理由を教えてください 』
とお伝えし、5分程度で作っていただいたものです。

カントの 「 手は外に出た第二の脳である 」 という言葉があります。
このような親指と人さし指を使って、つまむ作業を繰り返すことは、
脳を刺激しその発達をうながします。また、目と手を同時に使う訓練にもなります。

そして、何かを絵に描いたり、粘土で造形したりする時には、
まず、テーマをもとに頭の中に絵や作成物をイメージしてから、
それを実際に視覚化させていくことが多いと思います。
だから、幼児コースから取り入れている授業の一つです。

さて、作品のタイトルの紹介です。
上① 「 浜辺の情景 」 です。
海と森があり、人の作った農園があり、
わたしたちはそこに住んでいる生かされているという作品です。
上② 「 幸せな家族 」 です。
4月から一人暮らしとなりました。母のありがたさ、父の存在の大きさ
兄弟のいる日々の生活の躍動感をしみじみと感じでいます。
下③ 「 ふるさと( 高知 ) 」です。
太平洋と山と川のある雄大で伸び伸びとした故郷の光景が浮かんだのだそうです。
下④ 「 地球 」 です。
美しい青色にふちどられた地球の内側は、緑とまだ見知らぬ秘境があります。
地球の外側には、見知らぬ多くの恒星や星がきらめいています。

素敵な作品がそろいました。
ご協力いただいた学生の皆様、本当に感謝しています。
ありがとうございました。


posted by ASUNARO 先生 at 23:30| 岡山 ☀ | TrackBack(0) | 幼児コース教材 | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

干し柿作り

25 渋柿.jpg

渋柿をたくさんいただきました。
早速、干し柿作りにとりかかりました。


25 渋柿②.jpg
( 横むき渋柿 )
両親と一緒に作った、子どもの頃の記憶をたよりに、皮むきを始めました。
ですが、何か記憶があいまいだったので、作業途中で渋柿作りを検索しました。
すると。。。『 皮むきは、頭頂部から下に向けて縦に皮むきをする 』 とありました。
作業中断前までは、全て頭頂部からリンゴの皮むきのようにむきました。
アラアラ、味がかわるのかしら。
どうして縦にむかなきゃならないの???
理由がわからないまま、その後からは、縦向きにむきました。
それから、熱湯にくぐらせて消毒をしました。
こうすると、かびがはえにくくなるそうです。
それにしても、まるでマンゴーのような色合いですよね。


25 渋柿③.jpg
( 縦むき渋柿 )
重ならないように間隔をあけて、
柿の軸にビニール紐をひっかけて結びました。
それから、日当たりと風通しの良い軒下につるしました。
食べ頃は、二週間くらいで 『 あんぽ柿 』 に、
40日くらいで 『 干し柿 』 になるそうです。
我が家の渋柿たちは、どれくらいで食べられるでしょうネ

柿の成分強し! 
柿の渋がついた、特に親指とひとさし指の指先は、灰色に染まっていました!
これもイイ思い出です、人生初となるお一人様での干し柿作り。
美味しい干し柿に出来上がってほしいものです。















posted by ASUNARO 先生 at 16:27| 岡山 ☀ | TrackBack(0) | 日々是雑記 | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

秋のペグアート展 ①

25 ペグ.jpg

ペグアートとよばれている教材です。
ペグボードとよぶ土台となるものは、
20cm×10cmの長方形で、5㎜間隔で穴があいています。
それと、大きさが四段階にわかれていて、
七種類の色をもつペグとよばれるものを使います。
柔軟な発想による表現力や指先の巧緻性はもちろんのこと、
タイトルをつけ、作った理由を説明する語彙力の確認や、
集中力、持続力も育みます。



25 ペグ ノートパソコン.jpg

これは、小学一年生のYさんの作品です。
これを使って何か作ってみましょう、とだけ指示しました。
するとYさんは、
「 先生、紐通しの紐を貸して。二つ、くっつけたいから。 」 と言いました。
縫物をするように二つのボードを器用にくっつけて出来上がったものは、
タイトル、『 お父さんのノートパソコン 』 です。
お父さんが仕事に使う大切なものです。
でも、Yさん自身も大事に思っている理由があります。
それは、
Yさん:「 新しいリュックサックを買ってもらった時、お店の場所を調べたんよ。 」
    「 それから、遊園地に連れて行ってくれた時もどこにあるのかなぁって調べたし。 」
    「 地図で調べることができるから便利で、とーっても大事なものなんよ。 」
    「 だって、嬉しいことや楽しいことをいーっぱいしてくれとるもん。 」
二つのボードをつなぎ合わせるという素晴らしいひらめき、発想ですね~♪。
そして、嬉しいや楽しい気持ちを生みだしてくれる道具への
感謝の気持ちをノートパソコンとして表現し、作った理由を具体的な事象と共に言えましたね。

秋のペグアート展、その他の作品も、まだまだ続きます^^










posted by ASUNARO 先生 at 06:51| 岡山 ☀ | TrackBack(0) | 小学生コース様子 | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

流れ星ウォッチング情報


◎ 『 おうし座流星群  
11月半ばあたりまで見られるそうです。
一時間あたりに数個と、個数は多くはありませんが、
一つ一つの流星が金星よりも明るいのが特徴だそうです。

◎ 『 しし座流星群 』 
11月17日前後に、
一時間に、数個から10個程度は現れるかもしれないそうです。

晴れの日だったら、十分な寒さ対策をして、
秋の夜空の 『 ゆったりと流れるおうし座の流れ星 』 と
『 素早く流れるしし座の流れ星 』 を楽しめるといいですね。





posted by ASUNARO 先生 at 01:30| 岡山 ☀ | TrackBack(0) | 日々是雑記 | 更新情報をチェックする